GLP-1が痩せホルモンと呼ばれる理由とは?

お電話でのご予約・お問い合わせ

06-6940-7101

[ 完全予約制 ]

無料カウンセリングはこちら

GLP-1が痩せホルモンと呼ばれる理由とは?

GLP-1ダイエット

clumn012_01

GLP-1が痩せホルモンと呼ばれる理由とは?

“GLP-1″って何?

GLP-1はなぜ”痩せホルモン”と呼ばれているのですか?

GLP-1には食欲を抑える作用があること、また、続けることで痩せやすい体質へと変化させてくれることから”痩せホルモン”と呼ばれています。
詳しくは、順にご説明していきますね!

GLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)は、食事中に分泌される消化管ホルモンの一種!
食物が体内に入り血糖値が上がると、インスリンの分泌を促し高血糖状態を改善する働きがあります。

この作用を活かし、GLP-1は2型糖尿病の治療薬として海外や日本で広く使用されています。
また、アメリカやヨーロッパでは、肥満の治療薬としても使用されています。

GLP-1はなぜ”痩せホルモン”と呼ばれているの?

インスリンが分泌されるだけでは、痩せないのでは?
確かにそうですね!では、何故GLP-1によって痩せることができるのでしょうか?

それは、GLP-1がもつ胃腸に働きかける作用が大きく関係しています!
GLP-1には、インスリンの分泌量を増やす以外にも、胃の動きを抑えて食べた物をゆっくりと消化する働きがあります。
さらには、脂肪分解熱産生を促す作用もあります。

その結果、
食欲が抑えられ、満腹感が感じやすくなる
食間にお腹がすきにくくなる
体脂肪が付きにくくなる
基礎代謝があがる
などの効果が期待できます。

それ故に、GLP-1は痩せホルモンと呼ばれているんです!

太っている人は、痩せている人よりGLP-1の分泌量が少ないことがわかっています。
そのため、満腹感が得られにくく食べすぎてしまいがちの方が多いのです。
体内へGLP-1を補充することで、食事量をコントロールできるようになり、継続することで太りにくい体質へ変化していきます。

GLP-1ダイエットの効果をより高めるには?

clumn012_02

食事制限ナシハードな運動ナシでできるGLP-1ダイエットですが、よりダイエット効果を高めるためのポイントをご紹介します。

用法用量を守る

GLP-1は、1日1回タイプと1週間に1回タイプがあります。
また、摂取量の調整も可能で、少量から徐々に増やしていくのが一般的です。

しっかり効果がでるように、医師の指示に従い、薬を使用する間隔、用量を守って使いましょう
医師の指示通りの使用であっても、副作用を強く感じた場合は、すぐに医師に診てもらいましょう。

食生活を見直す

糖質量減らし全体の摂取カロリーを抑えることを意識しましょう。

ただし、GLP-1の作用により食事量が一気に減少した場合、栄養不足に陥りやすくなります。
タンパク質や食物繊維、ビタミン、ミネラルをしっかり摂れる食品選びを意識して食事のメニューを組み立てるようにしましょう。

欠乏しやすい栄養素は、サプリメントで補うのもおすすめです。

飲酒は注意!

GLP-1は、インスリンの分泌を膵臓に働きかけるホルモンです。
アルコールは膵臓に負担がかかるため、GLP-1ダイエット中はアルコールの摂取量には注意が必要です。

また、アルコールには食欲増進作用があります。
一定量以上摂ることで、せっかくGLP-1で抑えられていた食欲が解放されてしまうのです。

そもそも、お酒はカロリーが高めです。
数杯飲むとあっという間にカロリーオーバーになってしまいます。
もちろんダイエット中は禁酒することがおすすめですが、そうもいかないという方は、酒量を減らす、または糖質量の低いウイスキーや焼酎をメインとするなど、少しでも工夫することが大切です。

有酸素運動を取り入れる

有酸素運動を取り入れるのも効果的です。
GLP-1ダイエット中は、血糖値が下がりやすくなるため、激しい筋トレなどの無酸素運動は体に負担がかかる可能性があります。
ですから、ウォーキングや水泳などの有酸素運動がおすすめです。

短期間では効果が得られないかも

GLP-1は、ある程度の期間継続することで、痩せやすい体質へと変わっていきます。
体重が減ったからと言って、すぐにやめてしまうと、体重が戻ってしまう可能性が高くなります

GLP-1ダイエットの進め方ややめるタイミングは、医師としっかり相談して決めましょう!

高いハードル”食事制限”をクリアできるGLP-1ダイエット!

clumn012_03

ダイエットにはさまざまな方法があり、多くの人が実践しています。
しかし、残念なことにダイエットする人ほど太るという説があるのも確か。。。

その最大の理由は、
食べることを我慢するのがストレスになる
ということです。

ストレス過多な状態では、満腹感が感じにくくなり、より食欲が増えてしまうことがあります。
またストレスによってダイエット後の反動も起きやすくなり、リバウンドしやすいことでダイエットに失敗してしまうのです。

減量するためには、「食事の量を減らす」必要があります

少しでもストレスなく食事量を減らすことがよい結果を得るために大切なことなのです。

GLP-1を摂取すると食欲が抑えられるため、少ない食事量で満腹感が得ることができます。
ムリなく少食状態を続けることで、徐々に胃が小さくなり、痩せやすい体になっていきます。

GLP-1ダイエットは、苦しい食事制限のストレスを軽減した画期的なダイエット法として注目されています。

タグ
カテゴリー

ページ上部へ戻る